胎内高原ワイナリー(新潟県胎内市)

社名:胎内高原ワイナリー
所在地:新潟県胎内市宮久1454
公式HP:http://www.city.tainai.niigata.jp/sangyo/nogyo/tainaikogenwinery/

胎内市のワインづくり
胎内高原ワイナリーは2007年(平成19年)に設立された、まだ歴史の浅いワイナリーです。
ワインづくりにより、果樹作物の生産振興、地域外の交流人口の増加、地域の活性化を図ることを目的に胎内市が運営しています。

ぶどう畑概要
畑の面積は約6haで、標高は最も 高い所で約250m。日当たりのよ南南西に面した急傾斜を利用し、昼夜の温度差が出るような場所にあります。
土壌は赤土色の粘土質で水はけはやや悪いものの、斜度が25度 もあるため水は溜らず、海風や山からの吹き下しの風がとても強く吹きます。

栽培しているぶどうの主な品種
白ワイン用
・シャルドネ
・ソーヴィニヨンブブラン
赤ワイン用
・メルロー
・ツヴァイゲルトレーベ
寒冷地等に適した欧州系品種に拘り垣根式栽培をしています。

商品一覧
赤ワイン
胎内高原ワイン 2016 アッサンブラージュ ルージュ
胎内高原ワイン 2015 ツヴァイゲルトレーベ

白ワイン
胎内高原ワイン 2015 アッサンブラージュ ブラン

ロゼワイン
胎内高原ワイン 2014 ロゼ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする